読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle

Kindle Paperwhite (2012年モデル)

Kindle Paperwhite (2012年モデル)

Kindle paper whiteを買った。人がKindleを使っているのを見て、ほんとに紙の本とちがわないような文字表示の印象に感動して、調べてみたら1万円しないと知って衝動的にポチッと押した。実はその人が持っていたのはKindle DXという日本で売っていない大判のもので、私のところに届いたのはずっと小さなものだったので拍子抜けした。

しばらく使ってみての印象だが、小さく軽いので片手で持って読むのに便利。毎日通勤電車の中で読書するには最適だろう。iPod touchiPhoneの画面では小さすぎるし、iPadでは片手には大きすぎる。iPad miniがこのくらいのサイズなのだろうと想像する。たしかにこのサイズは外で使うのにいい。ただ私にはそういう機会がほとんどないが。

e-inkによる文字や絵の表示はやはり目に優しい。直接目に射し込むバックライトではないので負担感が少ない。一方で、画面の切り替え時に一瞬フラッシュのように反転するのは目障りだ。それに、画面切り替えの反応が鈍いのは、iPadiPod touchのぬるぬるした動きに慣れた身にはややつらい。

そういうわけでKindle本体は可もなく不可もなく、といった印象。ただ、これを買った以上は当然Kindle版の電子書籍Amazonで買い始めたわけだが、こちらの方にむしろはまりそうだ。ポチッと1クリックするだけで、手元の端末にデータがダウンロードされて、いつでも読める。Kindleだけでなく、Kindleアプリを使えばiPodでもiPadでもどれでも同じように読めて、しかも他の端末で途中まで読んだその続きが別の端末で開いたときにちゃんと出てくる。ポチってすぐに読めるから購入までのハードルが下がってしまい、次から次へと買ってしまうのはいいのか悪いのか。

というわけで、読書が促進されたかというとそうではなくて、主に漫画を読んでいるのだが。
限界集落(ギリギリ)温泉第一巻
進撃の巨人(1)

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術

この紙1枚の整理術は、もしかしたら大学1年生が習得すべき技術かも知れないと思って読んだ。