文豪カップ焼きそば

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」(宝島社 2017年)

メルカリで衝動的に買って読了。

 

すごい本だと思う。

文体模写、というのだろうか。あの人が書いたらこんな風になるかも、ということなのだが、どうあがいたってそんな人たちがカップ焼きそばの作り方をわざわざ書くことはないわけで、つまり絶対あり得ない文章を作り上げて、うん、なるほど、こんな風に書くかもな、と思わせるのだから、すごい能力である。しかも、そもそもどんな文章を書くのか私自身が知らない人物なのに、なるほどそういう文を書く人かと納得させてしまうのだからすごい。ただただ脱帽である。

ところどころに入る挿し絵がまたいい。大漫画家がこの文豪の挿絵を描いたら、という想定で描いているのは田中圭一。味がある。

多動力

多動力 (NewsPicks Book)

堀江貴文「多動力」

メルカリで安く買って読了。

べつにホリエモンにあこがれているわけではないが、この人の行動力には感服する。読んでみて心底驚くようなことは何も書かれてなかったが、ふつうの人が無意識に自分で自分を縛っているたくさんの常識や思い込みを意識して除去していく手助けにはなると思う。

幼女戦記

幼女戦記 (1) Deus lo vult

Amazonプライムビデオにて。

タイトルからどんなロリコンものかと思ったが、とんでもない。痛快な戦争ものだった。第1次世界大戦の頃のヨーロッパを思わせる舞台で、魔道士などという存在を出しながら魔法の力に頼り過ぎてなくて、たいへん楽しめました。

鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

録画したまましばらく寝かせてあったのをシーズン1,2と一気に観た。従来のガンダムとはかなり異なる味わい。なかなか感想をまとめられずにいたのだが、しばらく経った今モビルスーツの印象はほとんど残っていなくて、残ったのは主人公たちの前へ進み続けようとする力とファミリーへの想いの物語。このあたりが長井龍雪岡田麿里ならではか。

あの花

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ツタヤのレンタルで。

 

鉄血のオルフェンズ」の長井龍雪岡田麿里の作品と聞いて、まるで違うジャンルだけどどんなものかと観てみた。主人公が引きこもりの話と聞いていたが、それはべつに要点ではないのだな。登場人物たちがそれぞれ抱える想いと傷の物語に引き込まれ、最終話では号泣でした。よかった。

僕たちがやりました

僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)

Kindle版を全巻読了。

1巻が無料で出ていたので何気なくダウンロードして読み出したら、止まらなくなって全部読んだ。ドラマになって放映中というのは後で知ったが、観てみたくなる。プロモーションとしては効果的だよな。

 

そこそこ毎日楽しければそれでいい、という高校生たちが、大事件を起こしてしまってどうするか、という話。享楽と、エロと、罪悪感の間を揺れ動く心理描写が巧みで引き込まれる。自分の中にあるクズ要素がえぐられる気がする。

ソーラークッカー全国大会

第3回ソーラークッカー全国大会が浜松で開催された。これまで栃木など関東で開催されたときは、遠いのでなにも持って行けなかったが、今回は比較的近場なので車でクッカーを持参することができた。場所は浜松湖畔にある「地球のたまご」という(株)OMソーラーの施設内。

f:id:BoldBoulder:20170815160019j:plain

あいにく天気が悪く晴れる可能性が少なかった。しかも申し込みがうまくいっておらず場所が用意されていなかったので、屋内の片隅に店開きさせてもらった。後に少し晴れたときに外へ行ったが、太陽が出たのは短時間で、試運転はできなかった。

f:id:BoldBoulder:20170815160040j:plain

大会に行くといってもいったい何のために行くのか、と自問したとき、自分ならではの展示ができるとしたら、既存のクッカーを並べることではなく、独自アイデアの自作クッカーを披露することだろうと結論づけた。毎回新しいものを作るのは容易ではないが、今回は作ったばかりのフラットマルチミラークッカーのお披露目とした。ちょっと準備不足であまりうまくいかなかったが、多少は目を惹くことができたかと思う。

f:id:BoldBoulder:20170815160324j:plain

全国大会といっても、基本的に集まるのはソーラークッカー界の常連たちである。だから、ただ大会をするだけではいつもの仲間の年に一度の集会ということになってしまう。今回は、浜松市のはままつEスイッチフェスとの同時開催という設定で、そちらを見に来る人たちにソーラークッカーを知ってもらう機会となった。次の大会を大阪でどうだろうか、と打診されているが、タイアップするイベントがなければあまり意味がない。そもそも関東のソーラークッカーベテランたちが果たしてはるばる大阪まで来てくれるものかどうか。

f:id:BoldBoulder:20170815160119j:plain