幼年期の終わり

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

アーサー・C・クラーク著 早川書房

Kindle版を読了。

SFの古典として推薦された。原作は1953年とこれまた古い。

 突如宇宙船が到来し、人類は宇宙に唯一の知的生物でないことを知る。力で抑圧するわけではないが世界に目を配り人間同士の対立を阻止する宇宙人。圧倒的に進んだ力を目の当たりにした人間の社会がどう変化するのか。そして宇宙人はなんのためにやって来たのか。

 先述した春アニメ「正解するカド」の結末が見えなかったときに、この作品と同じようなオチではないかと推測する声があったが、たしかに通ずるものがある。結末は全然ちがったが。

 これもまたその後の多くのSFに影響を与えた作品なのだろう。おもしろさはまあまあと言ったところだったが。

広告を非表示にする