読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの壁

 

アメリカの壁 (文春文庫)

小松左京の短編集「アメリカの壁」読了。

トランプウォールを予言していたようだ、と一時話題になったので読んでみた。SF作家としてあまりにも有名な作者だが、実際に作品を読んでみたことはこれまでなかった。

タイトルの「アメリカの壁」については、それほど面白いとも思わなかったが、他の作品はそれぞれにちょっと面白いところもあった。40年も前の作品であるが、そんなに古びてない。ただ、短編だからそんなに深みはないな。