読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴なりのビワ

庭のビワが初めてたくさんの実をつけた。


子どもがまだ小さい頃、食べたビワの種を庭に植えた。
それが大きくなった。
最初は全然実がならないので、きっとオスの木なんだねと言っていた。
でもビワは雌雄分かれていないとわかった。
そのうち、花は咲くようになった。
しかし全然まともな実にならなかった。


ようやく今年は実ったと思ったら、たわわに鈴なり。ちょっとくらいカラスが食べても全然こたえないくらいになっている。
しかもけっこう甘い。

うれしい恵み。