読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい会議

すごい会議?短期間で会社が劇的に変わる!

すごい会議?短期間で会社が劇的に変わる!

漫画ばかり読んでいるわけではなく、たまにはこんなのも読む。なんで読もうと思ったのかはもう忘れた。

自分で起こした会社を経営する著者が、いろいろうまくいかなくなったときに、マネジメントコーチなる人に来てもらって会議の進め方の助言をもらったらうまくいくようになった、その体験談がおもな内容。文章は100ページあまりで、残りはワークシートなどが資料としてついている。

いわゆるコーチングという技術の一端を知ることができる。会議の進め方、問いかけ方ひとつで、会議が変わり、組織が変わる、という。


たとえば、組織の現状の問題点を挙げさせる。
たくさん問題点が出るだろう。
それに対し、「どのようにすれば〜か。」と、
どうすればその問題が解決されるかという問いに言い換えさせる。
問題はよくわかっていても、どうすれば解決できるかは考えたことがなかった、ということがあるのだそうだ。
それに気づくだけで物事は一歩進む、ということらしい。


コーチングとファシリテーションとはちがうのだろうか。もうひとつピンと来ないが、この本の印象では、コーチングでは仕事をするのはあくまで参加者であってコーチではない。ファシリテーションでもそうなのかもしれないが、ファシリテーターの出番はまだ多いような気がする。

なんと呼ばれるものであるにせよ、ちょっとしたコツを知っておいて損はなさそうだ。