読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバター3D

映画

DVDの発売が大々的に宣伝される中、遅ればせながら映画「アバター」をIMAX 3Dの映画館で観た。


3Dは正直最初しか意識しなかった。それはいいことなのかどうなのか。テレビがハイビジョンになったとき、きれいだと思ったのは最初だけ、というのと同じ感じ。しかし、これだけの架空の世界を作り出したそのテクノロジーに圧倒される。それがすごい。それだけかもしれないが、それだけですごい。


ストーリーはたしかに王道的かもしれない。ストーリーを聞いたときから、ケビン・コスナーの「Dances with Wolves」みたいだな、と思ったが、観てみたらあと「ラピュタ」とか「もののけ姫」とか「攻殻機動隊」とか。


でも、そんなことは、いい。あのパンドラを、もう少しゆっくりと観て歩きたい。